てんかんの発作予防に効果的な薬の一つにラメズという薬があります。ラミクタールのジェネリック医薬品で、先発医薬品よりも安く購入できるため人気があるてんかん治療薬の一つです。

  • ホーム
  • てんかん治療にラメズはどのような働きをする?

てんかん治療にラメズはどのような働きをする?

男性の医者と患者

ラメズはてんかん発作の治療薬です。
てんかん発作が起きる原因は、大脳の神経細胞にあります。
本来は大脳の神経細胞は、興奮と抑制をバランスよく調和させて電気的に活動していますが、何らかの原因でそのバランスが崩れると興奮状態が起こり、全身を痙攣させたり、手足が硬直したり、突然意識を失うなどのてんかん発作が引き起こされるのです。
そんなてんかん発作の治療に効果的なのがラメズです。

ラメズはてんかん発作の予防だけでなく、双極性障害のうつ症状の改善にも効果を発揮する治療薬です。
てんかんの治療薬として使用されているラミクタールのジェネリック医薬品として作られました。
ジェネリック医薬品とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許が切れた医薬品を、他の製薬会社が製造して安価で提供することです。
つまり主成分は一緒なので、ラメズもラミクタールと同じ有効成分が配合されていますし、値段はラミクタールよりも安く手に入るのです。

ラメズの有効成分のラモトリギンには、興奮を引き起こす脳の神経伝達物質の遊離を抑制させる働きがあります。
脳神経が興奮状態に陥るのを抑制させることが出来るので、その結果、痙攣などのてんかん発作を予防する効果が見られるのです。
ラメズは、てんかん発作の中でも特に部分発作に高い効果を発揮し、他のてんかん治療薬と併用することであらに予防効果を高めることもできます。

ただし、めまいや発熱や発疹や眠気などの副作用も存在するので、服用する際は注意が必要です。
特に運転をする人は注意が必要ですし、自己判断で服用を中止するのも危険です。
身体に少しでも変調を感じることがあったら医師に相談し、用法用量を守って服用する必要があります。

人気記事一覧